ダイエットプーアル茶はどんなお茶?その魅力に専門家が迫る!

ダイエットをするのであれば、ダイエットプーアル茶が間違いありません。

「ジュースは美味しいけど糖分が多いから太っちゃうかも…。」
そのような理由でジュースなどを敬遠し、健康や美容のためにお茶を飲む人は多いです。

健康や美容に効果があるお茶はたくさんありますが、その中でも、美肌や脂肪燃焼効果が期待出来る「ダイエットプーアル茶」が注目されています。

飲み続けることで美容やダイエット効果があるため、中国茶専門店やスーパー、インターネットなどで大量に購入する人も多いのではないでしょうか?

そんなダイエットプーアル茶ですが、実はダイエットプーアル茶は2種類あることをご存じでしょうか?

それは、「生茶」と「熟茶」です。
生茶と熟茶、この違いは一体何なのでしょうか。

結論から言うと、ダイエットプーアル茶の元になる緑茶を発酵させる方法が異なります。

まず、生茶ですが、緑茶を緑茶自身が持っている酵素で発酵させたものです。

そのため、生産して間もないダイエットプーアル茶の茶葉は、まるで緑茶のような鮮やかな緑色をしています。

その後、年数が経つにつれ茶葉は烏龍茶や紅茶のような色に変化していき、香りも緑茶のようなさわやかな香りから深みを増していきます。

時間をかけることにより香りや色の変化を楽しめる生茶ですが、発酵が完了するまでに時間がかかってしまうのが難点です。

それに対して、熟茶は加熱した緑茶に「コウジカビ」を混ぜて発酵させたものです。

そうすることにより生茶と比べて発酵時間が少なくてすみ、大量生産が可能であるという特徴があります。

つまり、生茶と熟茶の違いは「発酵に人の手が加わっているか否か」であるといえます。

発酵完了までに時間がかかる生茶は熟茶に比べると流通量がどうしても少なくなり、そのため、日本で流通しているダイエットプーアル茶は、ほとんど熟茶です。

ですが、近年ダイエットプーアル茶自体の知名度も上がってきているため、生茶を取り扱う業者も増えてきています。

ただし、生茶は熟茶に比べると希少価値が高いため、値段も高めになります。

さて、生茶と熟茶の違いが分かりましたが、発酵に人の手が加わることにより成分に違いが出てくるのでしょうか?

両者の一番の違いは、「カフェインの含有量」の違いです。

生茶は、経過年数によってカフェインの含有量がそれぞれ異なるのに対し、発酵を人為的に早めている熟茶は、カフェインが分解されやすく生茶に比べてカフェインの含有量が少なくなる傾向があります。

妊娠中などでカフェインを控えめにしている人は、生茶よりも熟茶の方が良いでしょう。

ちなみに、ダイエットプーアル茶の本場は中国・雲南省ですが、こちらでは生茶の方が好まれているようですが、好みは人それぞれ違うようです。

機会があれば両方飲んでみて、違いを楽しんでみたいですね!”

■強烈な臭気から連想されたもの

帰宅後、お茶を淹れてみてビックリ!
「なんだ、この墓場臭はっ?!」
言葉は悪いですが、本当に第一印象はこれでした。
文学的な言葉に置き換えるなら、雨後の苔蒸した森の香りでしょうか?
今なら『ダイエットプーアル茶=カビ臭い』とよく耳にする感想はこれだったのかと思い至りますが、当時はまだ、そんな声を知る由もなく、どんなに身体に良い成分が摂取できると言っても、この強烈な臭気は賛否両論あるだろうと思いました。

■ダイエットプーアル茶ってこんなお茶だった?

近年、ダイエット効果などが謳われるようになると、ダイエットプーアル茶も近所のスーパーやドラッグストアなどの商品棚に普通に並ぶようになりました。
多少その効果も期待して、人生二度目に購入したのはドラッグストアに並んでいるパック入りのダイエットプーアル茶でした。
久しぶりに買ったダイエットプーアル茶ですが、やはり第一印象を考えれば、お茶を淹れる時に少し身構えてしまうのは仕方のないことですよね?
ところがです。

実際にそのダイエット効果はダイエットプーアル茶の専門サイトでも推奨されており、多くのダイエット専門家からジムトレーナーなどプロにも愛用者は多いとされています。ダイエットプーアル茶の口コミを確認すると下記のような事が分かりました。

結婚してから体重が激増・・・。気が付けば旦那と同じくらいの体重になっていました。

飲み始めたきっかけは返金保証がついていたからです。

今までダイエットは失敗してばっかりだったから信じていませんでした。

ですがダイエットプーアール茶には返金保障がついているのでダメだったらお金を返してもらえばいいや。って思ってました。

ですが、1カ月飲んでみてビックリしました!

体重は59→54.7kgになってなんとマイナス4.3kgも減ったんです。

食事も特に変えていないし、ジムに行きだしたわけじゃないのに。お茶の効果って本当にあるんだなぁ。って思いました。

出典:ダイエットプーアル茶

このように、ダイエットプーアル茶はダイエットに効果的なだけではなく美容にも効果が期待できるし、万が一効果を実感できない際にも返金に応じてくれるなど非常にメリットが大きいお茶であることが分かりました。
お茶を淹れている傍から、あの第一印象で刻まれた強烈な臭気をまったく感じないのです。
そもそもカビ臭のするダイエットプーアル茶は粗悪品であると、ネットの紹介サイトでよく見かけますので、カビ臭がしない時点で粗悪品ではないと言うことなのでしょうが、その茶葉でいれたダイエットプーアル茶はお茶の味自体に深みを感じることもありませんでした。
最初に飲んだ時の茶葉は確かに強烈な臭気がありましたが、それ以上に、味に深みがあったのです。
1kgと言う量の茶葉でも飲みきることができたのは、お茶自体は美味しかったからなのです。

■発酵に因る味の深みはどこへ?

日本で流通するダイエットプーアル茶の大半は、生茶を麹カビで発酵させて量産された熟茶だそうです。
麹カビで発酵を促すので、短時間で長期発酵並みの風味が得られるのだそうですが、ドラッグストアで購入した茶葉は臭いも無ければ、味もまったく納得できるものではありませんでした。
業務用食品専門店も移転してしまった後で気軽に行ける場所でもなくなり、近所で入手できるものを色々試してみましたが、最初に飲んだダイエットプーアル茶には遠く及びません。
半ば、味は諦めるしかないのかと思っていました。

■納得のダイエットプーアル茶に出会えたっ!!

近年、踏み切り渋滞緩和の為に私鉄路線の高架化が進んでいるかと思いますが、最寄り路線もその例に漏れず、高架化と共に駅ビルも併設されるようになり、そのテナントの一つにお茶と名のつくものはなんでも扱っていそうな茶葉専門店が出店しました。
紅茶や緑茶をベースにしたフレーバーティーを中心に中国茶、エスニック系のノンカフェイン茶など、色々扱っているお店で、そこの中国茶コーナーに二種類のダイエットプーアル茶があったのです。
違いを訊ねると、香りを押さえた物と、そうでない物と言うこと。
当然、香りの立つ方を購入しました。
帰宅後、早速淹れてみると、求めていた好みにパシっと嵌るものでした。
独特の薫香(カビ臭ではありません)と口に含んだ時の深いコクと微かな甘味。
ひと心地つける安心感、ほっとできる飲みやすさ。
この茶葉に出会ってからは他で捜す必要もなくなりました。
毎日飲用している訳ではありませんが、気が向くと茶葉を購入しては一週間程度、美味しく楽しく頂いております。
美味しいダイエットプーアル茶に出会えた幸運に感謝です