台湾旅行の時にいろいろなを中国茶飲みました。小さな茶器で飲むのが楽しくて、いろいろなカフェに行きました。中でもプーアール茶は、日本の中華料理店などでも飲む機会はありましたが、薄めの味が多く、正直なところ、味わって飲んだ記憶がありませんでした。少しかび臭いところもありますが、慣れてくるととても美味しく感じます。また、脂っぽい料理の時に飲むと油の吸収を抑える働きがあると聞き、台湾料理をたくさん食べ、プーアール茶をたくさん飲みました。台湾は親日の人が多く、みなさん親切な方が多く、お茶の入れ方、飲み方、茶葉の選び方などいろいろ教えていただきました。食を通じてその国の人と仲良くなれるのはとても幸せなことです。旅の思い出に、セイロと茶器のセットを買って日本に戻り、しばらくは台湾の思い出浸っておりました。茶葉もいくつか購入しました。プーアール茶は、円盤のような固ったものを少しずつちぎって急須に入れる茶葉を購入しました。何度もお湯を足しても飲めるのでなかなか減りません。だんだん飽きてきては休み、また懐かしくなって再開したり飲んだりして、長期間楽しむことができました。日本に帰ってプーアール茶のことについて調べりもしました。油の吸収を抑える効果だけでなく、いろいろな良いことがあると知りました。脂肪燃焼やダイエット効果はもちろん、高血圧などの生活習慣病予防、便秘予防など腸内環境を整える、免疫力を高める、冷え予防などなど、たくさんあるのに驚きました。また、あの鉄くさいようなカビ臭かさは、発酵しているからだということも知りました。飲んでいるうちにそのかび臭さも気にならなくなってくるから不思議です。私は、冷たいプーアール茶より熱いプーアール茶が好きです。台湾旅行は夏でしたが、暑いときに飲む熱いプーアール茶は美味しかったです。中国の人たちは、毎日油を使った料理を食するのに、太った人がいないように思います。やはり、お茶で油の吸収をおさえているのでしょうか?横浜の中華街に行くと、いろんなプーアール茶が売っています。また、台湾に行ってプーアール茶を飲みながら、美味しい台湾料理を食べたいですが、しばらくは、日本国内で美味しいプーアール茶を探して行きたいと思っています。