ダイエット茶ランキングナンバー1プーアール茶の魅力とマメな知識

プーアール茶は雲南省南部から南西部を原産地にする中国茶で黒茶の一種です。また、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイと老樹が存在し、多くの人が愛飲しています。
 生茶と熟茶の二種類が存在しています。製法は加熱によって酸化発行を緩めた緑茶で、コウジカビで発酵させる熟茶と年月を重ねて熟成させる生茶があります。
 大手飲料メーカーなどが使っているのは概ね熟茶の方であり、基本的にお茶の色がよく出るという意味合いからもあるようです。

 生茶は残存する酵素で発酵された茶葉であるため生産されて日の浅い茶葉は緑茶に近い風味と味を持ちます。しかし、年代を重ねるごとに熟成発酵されたお茶の風味を伴い烏龍茶や紅茶のような香りとなって、熟成されたプーアール茶独特の香りと味わいになります。
 生茶によるもっとも特徴的なことは香りにあります。経年熟成により香りが変化するのは生茶だけであり、熟茶にはその変化がほとんどありません。
 
 一方熟茶はコウジカビを利用する製法です。年代を経た茶葉の再現を短時間で行う製法で生産量を考えるならばこちらの方に軍配が上がります。生茶に比べて色がよく出るというのは前述乗の通りですが、一般的に知られているプーアール茶はこちらの方が多いと思われます。 

 効能としては、血の循環を助け、血行を良くする。いわゆる新陳代謝を助ける作用があり、お通じの改善で免疫力を高めてくれます。新陳代謝は皮膚を新しく艶のあるものにしてくれます。シミやシワといったお悩みのある方には手軽に試せる飲料でしょう。そのほかにも熟茶には脂肪分解の効果があるとされており、より熟成されたプーアール茶ほどその効果が高いとされています。より熟成されたプーアール茶は薬茶ともされ、中にはビンテージとして希少価値が付くそうです。当然お値段もそれ相応なので興味のある方はお財布に余裕があるときに試してみるといいでしょう。
 
 良質のプーアール茶は強いコクを持ちます。そのコクを引き出すのがミネラルを含む土壌です。
理想は粘土質で鉄分の多い土壌。ただし、亜鉛や銅等のミネラルが入った土壌は茶葉に渋みを強く含むため好ましくありません。また、雨の少ない環境ほど良質なお茶ができるとされています。

 このようにプーアール茶と一言でいってもその産地や製法、そして細かく地域を指すだけで味も風味、そしてその品質も変わってくるという事がお分かりでしょう。ただ時間を重ねた茶葉だけではなく、良質の茶葉を経年熟成させたビンテージ物のプーアール茶は、どのような味や風味がするか興味を覚えます。健康や美容に対するケアを兼ねながら、美味しく飲めるプーアール茶。まさに医食同源とはこのお茶の為にあるのかもしれません。

プーアール茶のダイエット効果は果たして?

とある初夏の休日、街中にショッピングに出掛けた私がたまたま通りかかったのはショッピングモールの中にあるとあるお茶屋。店頭の風鈴の音も心地良く、たまたま自宅で良く飲む緑茶を切らしてしまっていた事から、これは良いチャンスと茶葉の調達に入店したのです。
さすがショッピングモール内に出店しているだけあり店内は清潔で広く、また商品のラインナップも豊富で楽しめたのですが、その中でも気を引いたのはプーアール茶とその試飲コーナー。夏本番前という事もありポットで注いで飲めるアイスティー仕様となっており、気軽に楽しめそうだったのです。
プーアール茶についてあまり詳しく無く味のイメージも湧かなかった私は結構興味深々だったのですが、実際紙コップの中に注いでみると濃いコハク色が印象に付き、そのイメージはウーロン茶そのもの。実際飲んでみるとやはりウーロン茶並みにコクが強く、いかにも食後のダイエットに効果がありそうな印象を受けました。
たまたまスタッフが近くにいたので訊いてみると、やはりそのダイエット効果もウーロン茶並みで、わざわざここで茶葉を買ってゆく人もいるとの事。見れば期間セール中らしく、それなら私も試しにと、比較的リーズナブルな茶葉を2パック程ついでに購入してみたのです。
自宅には大それた専門の茶器は全くありませんから、もちろん淹れ方はアイスティー仕様。一旦ホットで作ったお茶を保存用の飲料ボトルに詰め、それを小分けして茶碗に注ぎ、朝夕の食後に飲む様にしました。
始めは濃さの調節がうまくいかず、ついつい濃過ぎて苦味の強いお茶となってしまったのですが、次第に自分の口にあった適度な苦さの風味に調整出来る様になり、飲む際のストレスも程良い心地良さへと変わっていきました。
飲み始めた当初は特別ダイエットの事は意識せず、あくまで食事のお供として楽しむという目的がメインだったのですが、しばらく飲んでいるうちにだいぶお腹も軽く調子が良くなってくるのが感じられ、それにつれだんだんお腹周りもスッキリする様になってきました。
ちょっと太めかな?と感じられていた体重も1年経った現在では殆ど気にならない程に減り、やはりプーアール茶のダイエット効果は多少はあったのかな?という感じです。もちろんその他に取り組んだダイエットのメニューも大きかったに違い無く、それらと上手く組み合わさった結果という事でしょう。
ペットボトルで気軽に飲むウーロン茶よりも風味の調整が得意となり、むしろこちらの方がお気に入りとなってしまいました。いずれ専用の茶器でも買って、ホットで楽しんでみようかと考えているところです。

初めてのプーアル茶ダイエットをしたときの体験談

私が、初めてプーアル茶を飲んだのは、旅行先で訪れた中華料理店でのことでした。
それまでは、プーアル茶には「癖がある」と勝手に思い込んでいました。ウーロン茶は、割と身近な存在だけれど、プーアル茶は飲む機会すらなかったのです。
中華料理店で、注文を終えて出てきたお茶がプーアル茶でした。初めて、プーアル茶を飲んだ感想は、とても飲みやすいを感じました。とてもさわやかな味でした。これなら、「中華料理にはとても合う」と感じました。
 それからも、様々な旅先で中華料理店にいった際には、プーアル茶を注文するようにしています。特に、点心や揚げ物、ラーメンの後にはプーアル茶が良く合うと感じます。
 また、てんぷらを食べた後に、プーアル茶を飲むと胃もたれになる頻度が少なくなったように感じます。
このような経緯から、普段からプーアル茶を飲むようになりました。最近は、コンビにでもペットボトルのプーアル茶が手に入るようになったために、よく飲んでいます。
プーアル茶を家族で飲むようになってから、私自身は感じないのですが、妻の顔のシワが以前よりも減ったように感じます。2年位前の旅行の写真を見ても、シワの数が減っているように思います。これは、プーアル茶を飲んでからの変化なのかどうかわかりませんが、からだにはよい変化だと思っています。そのほかにも、プーアル茶を飲んでから、便秘がちだったのですが、お通じも良くなったように思います。また、体臭も減ったように感じます。体臭の変化については、自分ではわかりませんでしたが、妻からの指摘で「そういえばそんな気もする」と思っています。朝、起きたときの枕から臭う残念な幹事の加齢臭も減ったように思います。
何よりも、体重が3キロほど減っています。これも毎日、プーアル茶を飲んでいるからでしょうか。ちなみに一日に、Tパックでプーアル茶を4~5回は飲んでいます。量にすると、おそらく1500mlは飲んでいると思います。その他にも、顔につやが出てきたように感じます。また、朝起きたときの髪の毛のべたつきも少なくなったように感じます。
こうして毎日、プーアル茶を飲んでいますが、とても健康的な生活になってきていると思います。これから年齢を重ねていくなかで、食生活には十分に期を使っていかなければなりませんから、その意味でもプーアル茶と出会えたことは、私の人生にとって、とても大きな意味があったと考えます。これからも、プーアル茶を大切に飲んで生きたいと思います。

台湾で美味しいプーアール茶を飲んで始めたダイエット

台湾旅行の時にいろいろなを中国茶飲みました。小さな茶器で飲むのが楽しくて、いろいろなカフェに行きました。中でもプーアール茶は、日本の中華料理店などでも飲む機会はありましたが、薄めの味が多く、正直なところ、味わって飲んだ記憶がありませんでした。少しかび臭いところもありますが、慣れてくるととても美味しく感じます。また、脂っぽい料理の時に飲むと油の吸収を抑える働きがあると聞き、台湾料理をたくさん食べ、プーアール茶をたくさん飲みました。台湾は親日の人が多く、みなさん親切な方が多く、お茶の入れ方、飲み方、茶葉の選び方などいろいろ教えていただきました。食を通じてその国の人と仲良くなれるのはとても幸せなことです。旅の思い出に、セイロと茶器のセットを買って日本に戻り、しばらくは台湾の思い出浸っておりました。茶葉もいくつか購入しました。プーアール茶は、円盤のような固ったものを少しずつちぎって急須に入れる茶葉を購入しました。何度もお湯を足しても飲めるのでなかなか減りません。だんだん飽きてきては休み、また懐かしくなって再開したり飲んだりして、長期間楽しむことができました。日本に帰ってプーアール茶のことについて調べりもしました。油の吸収を抑える効果だけでなく、いろいろな良いことがあると知りました。脂肪燃焼やダイエット効果はもちろん、高血圧などの生活習慣病予防、便秘予防など腸内環境を整える、免疫力を高める、冷え予防などなど、たくさんあるのに驚きました。また、あの鉄くさいようなカビ臭かさは、発酵しているからだということも知りました。飲んでいるうちにそのかび臭さも気にならなくなってくるから不思議です。私は、冷たいプーアール茶より熱いプーアール茶が好きです。台湾旅行は夏でしたが、暑いときに飲む熱いプーアール茶は美味しかったです。中国の人たちは、毎日油を使った料理を食するのに、太った人がいないように思います。やはり、お茶で油の吸収をおさえているのでしょうか?横浜の中華街に行くと、いろんなプーアール茶が売っています。また、台湾に行ってプーアール茶を飲みながら、美味しい台湾料理を食べたいですが、しばらくは、日本国内で美味しいプーアール茶を探して行きたいと思っています。